549番目のテーマ「山吹」

# VIVA KAMAKURA

project 549 「太田道灌

f:id:scratchkun:20201002101833j:plain

 

 ⁂緑の旗を押してください。Scratchの動画が見られます。

消すときは、赤いマークを押してください。

 太田道灌

太田道灌、父親が鎌倉の、扇谷上杉家の家臣であったため、鎌倉の扇谷のあたりに住んで、子供時代を過ごしたという。太田道灌の御屋敷跡に、徳川に嫁いだ太田道灌の「子孫の娘のお勝の方(英勝院)が、英勝寺(尼寺)を建てたという。

「山吹(やまぶき)」・「 山吹の里伝説」

⁂二つの話があります。??

①埼玉県越生(おごせ)へ、父親を見舞いに行く途中で、雨がふりだした。近くの農家に、簑の笠を借りに立ち寄ったという。すると、その家の娘が、申し訳なさそうに出てきて、「七重八重花は咲けどもやまぶきの実の(簑)一つだになきぞかなしき」といって、山吹の花の一枝を差し出したという。太田道灌は、むっとして引き上げたが、あとで、お付き家臣に、この古歌のいわれを聞いて、自分の教養のなさを恥じて、和歌の勉強を始めたという。

 

⓶東京、豊島区の面影橋神田川)脇の碑。豊島区高田?辺に鷹狩りに行った。

途中で雨が降り出したので、近くの農家に、簑の笠を借りにたちよったという話だ。

すると、そこの家の若い娘が、「七重八重花は咲けども山吹の実の(簑)一つだになきぞかなしき」と、山吹の一枝を差し出した。道灌は、怒って帰ったが、後で、家臣に古歌の話を聞き、自分の無知を恥じて、和歌の勉強を欠かさなかったという。

「山吹の古歌」(1086)後拾遺和歌集

*兼明(かねあきら)親王醍醐天皇の16番目の皇子)

「七重八重花は咲けども山吹の

        実の(簑)一つだになきぞ悲しき」

 

*東京や埼玉、「 山吹の里」「山吹町」など、太田道灌の話があちこちにある。

⁂神奈川の横浜には、築城の名人の太田道灌の逸話がある。

⁂落語の話にもなっている。「笑富林」(1833)初代林家正蔵の喋本がある。

【最近のニュース」

・R2年10月2日,

トランプ大統領とメラニア夫人、コロナ陽性に。

【最近のニュース」

・R210月3日、今日は、鎌倉西小学校の運動会。お天気も良く、皆元気そうだ。

がんばれ鎌倉っ子たち。